渋谷から行ける範囲の治療院

寝違えの時痛みを伴うストレッチはNG

寝違えの時、首から肩にかけて痛い時は、柔道整復師や整体師・理学療法士が行うマッサージ以外はNGです。肩こりが原因の首のコリからくる痛みと、寝違えた時の首の痛みとは、痛みの種類が違います。

 

肩こりが原因の首の痛みは、筋肉の緊張がひどくなって起こる痛みですから、血行を良くして筋肉を解すことで痛みや個利は解消します。一方、寝違えが原因の首の痛みや腫れは、無理な体勢による急激な首の筋肉の炎症なので、揉みほぐしたり、痛みを我慢して、マッサージやストレッチをしたりすると余計に炎症が広がってしまいます。

 

自己診断で、痛みを我慢して首をゆっくり回したり、ストレッチしたりするのは、絶対NGです。

 

慢性的な肩こり症状を抱えている人は、肩こりの症状が首から背中に広がってしまうことも多いので、朝起きて首が痛かったら、肩こりがひどくなったと勘違いする場合も多いでしょう。問題は、痛みの原因が肩こりなのか、寝違えによるものなのかわからないことにあります。肩こりが原因の首の痛みと寝違えが原因の首の痛みは、症状はとても良く似ていますが、対処方法が全く正反対なのです。

 

肩コリが原因の首の痛みは、温めるのが第一です。反対に寝違えが原因の首の痛みは、アイシングが第一なのです。それも冷シップくらいでは効かないので、氷でガンガン冷やすのが効果大です。逆をしてしまうと症状悪化に繋がってしまいます。

 

通常寝違えは数日で症状が軽減しますが、そうでない場合は、ひどい肩コリ悪化の場合が多いのです。そこまでひどくなると自己療法では治りにくいので、整形外科で診てもらうことをお勧めします。それに、寝違えた時は自分の体調の悪さにも目を向けましょう。