渋谷から行ける範囲の治療院

数週間経っても一向に良くならない場合は

「単なる寝違え」だと思って自己治療しながら数週間経ってしまったような場合は、もはや「寝違え」ではありません。本来、筋肉の炎症が原因の寝違えは数日で治るのです。

骨がズレていたり、頸椎(首の骨)の椎間板に異常があったりする可能性があります。

そもそも寝違えるのは、体調が良くなくて、筋肉に炎症を起こしやすくなっていたり、筋肉が頸椎を正常な位置のまま支え切れなくなっていたりすることもあります。骨の異常は整形外科で画像検査をはっきりとした原因はわかりません。まずは、整形外科ではっきりとした骨や筋肉や神経の状態の異常がはっきりさせましょう。整形外科や整骨院、整体治療、どこで治療するかは二の次です。整形外科の画像検査で何の異常もなかった場合のみ、整体や鍼灸の東洋医学の治療をする事をお勧めします。

 

東洋医学は、マッサージ・あん摩によって、血行を良くし、筋肉を解すことで骨の位置を正しい位置に矯正し、また、ツボを刺激することで、自己免疫力を高めることで炎症を治し、痛みを緩和させます。

 

しかし骨や神経に異常があった場合は、東洋医学だけではどうにもなりません。症状によっては、手術が必要な場合もあります。特にしびれを伴う痛みは、神経を圧迫している可能性が高いので、早急な治療が必要です。

 

神経は首から足先まで全身に通っています。首の神経は全身の神経が集まる場所ですから、痛みが広がる前に原因を突き止め、正しい治療をする必要があります。そのためにも、3日以上痛みが一向に緩和しない場合は、整形外科で画像検査をしてもらいましょう。骨や神経に異常が無かった場合は、柔道整復師や整体師・鍼灸師に治療を任せることをお勧めします。