渋谷から行ける範囲の治療院

首以外も寝違えることってあるの?

「寝違え」で首以外の次のような症状があります。

 

  1. 腕の付け根から肩にかけて
  2. 喉が痛くなる
  3. 耳が片方だけ痛い
  4. 片側のまばたきをする瞼
  5. 片側の頬
  6. 片側の頭皮
  7. 片側の歯の痛みetc

 

これらは顔の神経の圧迫によって起こる症状です。寝違えによる症状には違いないのですが、首の寝違えから生じるものではありません。首の神経は、頸椎の間から、顔の神経は脳から出ています。神経の系統が異なると起こる症状も異なってきます。先にあげた症状は、頭の神経の圧迫によって生じた痛みです。耳や瞼、頭皮、歯の痛みは頭の神経系統の圧迫によるものですから、これらの痛みが数日以上続く場合は、内科・神経外科・歯科等の受診をお勧めします。

 

また、首の寝違えでも、激しい肩こり状態等で、首から肩にかけてのコンディションが悪く、筋肉の伸縮が十分にできない筋肉が凝り固まった状態で、枕の高さが合わずに首が浮いた状態のまま眠っていたり、寝像によって首に大きな負荷がかかったりした場合は、長時間脛骨に係る負荷に筋肉が耐えられずに頸椎(首の骨)や頸椎の椎間板に異常が起こる場合もあります。

 

頸椎のズレや椎間板の異常が起こると、骨が神経を圧迫して痛みが生じる場合があります。頸椎を通る神経は、全身に走っているので、頸椎の圧迫によって首以外の他の部分に痛みが走ることもあります。しびれを伴う痛みは要注意です。

 

首の寝違えで筋肉の炎症の場合は数日のアイシングで治りますので、アイシングしても痛みが軽減せず、それ以上にひどくなったり痛みが長く続く場合は、整形外科の受信を受けることをお勧めします。骨や神経に異常が起きた場合は早期治療が後遺症を残さずに完治させるコツです。